Tristars Blog

アメリカンフットボールXリーグWest Div.3で活動するトライスターズのブログ
<< やっと… | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ご挨拶
11月24日のクラブベアーズ戦を持ちましてトライスターズの2014シーズンは12月6日の納会を残すのみとなりました。
結果は1勝4敗で5位。
今年の2月1日に正式に新体制でのチームを始動させ、そこから3ヶ月後の5月4日に新チームの初戦を迎えました。その試合には勝利したものの、それから6ヶ月後の11月9日まで負け続けました。
苦しい半年間ではありましたが、いま振り返るとチームにとって意味のある半年間だったと思います。
学生フットボーラーとは違い、社会人フットボーラーには限られた年数を過ごしたら引退という決まりがありません。だからこそ「今年が駄目でも来年がある」という気持ちが生じないように注意深くならなければなりません。予め決められたゴールがないからこそ「今年に懸ける」という思いを強く持って、その年の12月をゴールとして1年1年やり切らなければなりません。
来年でも再来年でもなく今年最高の結果を出すことに拘っていたので5位という結果は当然悔しいですし、いくらか虚無感もあります。
ただ、それでもあの苦しい半年間に意味があったと感じるのは、「勝利への原動力になりたい」とチームに積極的に関わろうとする若い選手の活躍・貢献が目立ち始めたからです。
長らくトライスターズはベテランが引っ張ってきましたし、今もチームに欠かせない存在であり続けていますが、その中にあって20代の選手が目立ち始めたことは、結果に拘るとか拘らないとかとは関係なく、大変素晴らしい収穫だったと思います。
新チーム始動の際に「当たり前のレベルを上げたい」と言いましたが、その当時頼りなかったアイツ達や、その当時まだ在籍すらしていなかったアイツ達が今トライスターズの当たり前のレベルを上げています。こいつらに勝たせてあげることができなかったことが本当に悔しい。もちろんいつも応援してくださる皆様に良いご報告をできなかったのも本当に悔しいです。
個人的には持てる力は出し惜しみせず「ALL OUT」したつもりですが、その持てる力があまりに微力でした。
やはり無いものは出せません。
チーム一同、これからいろんなモノを吸収、吸収and吸収しまくって、それを発揮、発揮and発揮しまくりますので来年も変わらずご支援賜りますようお願い申し上げます!
来年一緒に戦ってくれる仲間も大募集中です。いつでもご連絡ください。
長文乱文失礼致しました!
 
2014年度主将 安田敏史
| 日記 | 19:56 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:56 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE